むちうちの交通事故相談は誰にする?

自分にはまったく非がないのに交通事故に遭ってしまうことはあります。さらに、大けがはしなくても、むちうちになってしまうケースはとても多いです。むちうちは、傷としては残らなくても、いつまでも痛みが残っているので精神的にもつらいものがあります。

またそのときは痛みがなくても1週間くらいしてから、うちうちの症状がでることもあります。そのような交通事故相談はだれにすればいいのでしょうか?それは弁護士に相談することができます。とくに病院にいっても治らず後遺症があるというときは、自分ひとりで悩まず弁護士に相談してみることが大切です。

専門家に交通事故相談をしてスピード解決

車を運転する人は自賠責保険に入っているものですが、それだけでは心許ないと感じて交通事故保険に加入している方もいるでしょう。十分気を付けて運転しても事故は起きてしまうものですし、自分が加害者となってしまうこともあります。

一刻も早く解決したいと焦ってしまうかもしれませんが、保険に加入していたり頼れる弁護士が身近にいたりするのであれば、自ら交渉を進めるよりも仲介してもらった方が良いでしょう。交通事故相談事例によって慰謝料も変動しますので、対応や相場に詳しい専門家に任せた方が、スピーディーに解決出来る可能性が高いです。

交通事故相談前に気をつけておくこと

交通事故相談の前に気をつけてほしいのは、交通事故が起きた際は必ず警察を呼ぶということです。加害者側が違反点数や職業上の都合により、警察を呼ばないでの示談を申し出ることがまれにあります。警察による交通事故の現場検証をせず、当事者間で示談金や慰謝料のやり取りをして互いの主張に食い違いが生じた場合、保険会社や専門の交通事故弁護士に交通事故相談を依頼したときに不利になってしまうかもしれません。

警察の検証をしなかったことで、事故そのものの証拠を主張することが難しくなってしまうので、補償や慰謝料請求が困難になってしまう可能性もあります。

交通事故相談が必要な場面

交通事故にあった場合、保険会社だけでなく交通事故相談を専門とする弁護士に相談するケースが近年増えています。何故なら、適正な金額での請求が可能だからです。普通、相手が加入している損害保険会社から保険料が支払われますが、その金額が妥当であるかどうか即座にわかる方は少ないでしょう。

交通事故弁護士に相談すれば、多くの実績と経験、交渉能力を駆使して、適正な金額の慰謝料を請求することができます。また、慰謝料額には3つの基準がありますが、弁護士を通じて交渉すれば、金額が最も高額になりやすい弁護士基準での請求が可能となります。

交通事故相談窓口を活用しましょう

交通事故の場合、交通事故相談できるのは警察や家族、契約の保険会社などがありますが弁護士の知り合いでもいない限りなかなか思うようにいかないのが現実でしょう。そんな時第三者として、中立な立場で話を聞いてくれる機関も存在はするものの、メリットデメリットがあるため状況によってどこがいいか選ぶ必要が出てきます。

事故発生後の慰謝料などトラブルや精神的な負担を作らないためにも、交通事故弁護士への相談が良いかと思います。紛争解決に向け尽力してくれる上、うまくいけば弁護士基準にて慰謝料を支払ってもらえる可能性もあります。

保険会社への交通事故相談

交通事故に遭ってしまったとき、真っ先に思い浮かぶ交通事故相談先は、自身が加入している保険会社かと思います。しかしながら、保険会社は、契約者に過失が無い交通事故の場合、契約者の代わりに示談交渉を行うことが法律上認められていません。

また、同じ理由で、契約者が加害者から交通事故で怪我をさせられてしまった場合についても、慰謝料交渉は行えません。では、このような場合の相談先はどこになるかというと、弁護士になります。とりわけ弁護士の中でも交通事故を専門に扱っている、いわば交通事故弁護士に相談するのがベストな選択肢であるといえるでしょう。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について