むちうち慰謝料相場はどれ位もらえるのか

車を運転していると、遭いたくなくても遭ってしまう可能性がある交通事故です。中でも車が追突や衝突した場合、シートベルトをしっかりしていたとしても防ぎきれないのが、むちうちです。この俗に言うむちうちですが、正式には、頚椎捻挫などと呼ばれる疾患です。

その被害で気になるのは、むちうち慰謝料の相場です。症状によって異なるので相場がどれくらいか気になる人も多くいるでしょう。決定方法は大きく分けて3通りあります。自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つです。自賠責の場合は最低補償になっていて、任意保険は保険で適用される範囲のみ、弁護士基準が一番高額になりますが、弁護士に依頼する必要があります。

むちうち慰謝料には様々な基準がある

交通事故に遭ってしまうとたいていの場合怪我をします。そして病院で治療をした分、肉体的苦痛や精神的苦痛を負うでしょう。それを加害者側に慰謝料として請求することができるのです。そのときケガは治っても、むちうち等で長く治療しなければならなくなった時、むちうち慰謝料を請求できます。

むちうち慰謝料には、請求できる金額が決まっていて、自賠責保険基準と、任意保険基準、弁護士基準と様々な基準があります。それぞれ、基準にあてはまった相場の基準価格で慰謝料が加害者側の保険会社から支払われます。なかでも、裁判弁護士基準の慰謝料請求だと、相場が高く請求できるので、交通事故にあったら弁護士に相談しましょう。

むちうち慰謝料の相場、後遺障害を認めてもらうには

交通事故に巻き込まれて、むちうちの症状に悩まされる場合があると思います。追突されて強い首に衝撃を受けて、首や背中に痛みなどを感じる症状です。むちうち慰謝料の相場は治療期間によって決まっていますが、被害者だけで交渉するよりも弁護士に依頼すると慰謝料が大きくアップする可能性があるようです。

また、治療後も症状が改善しないと後遺障害についての慰謝料が認められる可能性があり、等級によって数百万円ほどの慰謝料が発生します。後遺障害を認めてもらうには事故車両の写真撮影や保存、事故直後にレントゲンの両方をとっておくと効果があります。

むちうち慰謝料の相場情報

むちうちは理解されにくいところではありますが、後遺症に悩まされている方も多いと思います。相場的に言えば慰謝料は安いほうかと思いますがちゃんと病院へ行き、治療して回復することが大事です。そして、その手間の対価、また、今後の後遺症のためにも慰謝料をいただいてしっかりと対策していく必要がありかと思います。

ただ、交通事故に関しては、相手さんの任意保険、自賠責のこともあり、確認してしかるべき、窓口にて対応して頂かないと、のちに自分で全て動かないといけないので注意する必要があります。むちうち慰謝料の相場は、確認しておくことが大事です。

事故に遭ってしまったときのむちうち慰謝料について

交通事故で、よく起こるケガがむちうちです。事故による衝撃で、首にダメージを受けてしまい、首だけでなく体の様々な箇所に症状が出てしまうこともあります。治療に3か月以上掛かることもあります。日常生活、仕事等に支障をきたす場合、被害者が加害者から受け取ることが出来るのが、「むちうち慰謝料」です。

しかし、ここで気になるのが相場です。自賠責保証の場合、実通院日数×2か、治療期間のどちらか少ない方で計算した金額になります。これは総額が120万円を超えない場合です。超えてしまう場合は、任意保険の基準で算出されます。任意保険基準による算出は、入院期間と通院期間によって計算されます。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について