交通事故で後遺障害の慰謝料は弁護士に相談で大幅アップ

交通事故で後遺障害が残ってしまったら、障害の慰謝料も相手に請求できます。そして、後遺障害の慰謝料として請求できる金額は、障害の認定等級によって大きく変わってきます。
金額は示談交渉で決定していきますが、被害者の方が自分で交渉にあたると相手の保険会社のペースで進められてしまうことが多くなっています。示談交渉で損をしないためには、弁護士のサポートが必須です。

交通事故トラブルが得意な弁護士なら、交通事故で障害が残ってしまったケースでは認定された等級の再申請や不服の申し立てを積極的に行って被害者が少しでも多くの慰謝料を受け取れるように尽力してくれます。

むちうち慰謝料相場は計算方法によって異なる

むちうち慰謝料相場は慰謝料の計算をしなくてはいけません。交通事故の場合には、計算方法が3種類存在します。1つ目は弁護士基準、2つ目は自賠責基準、3つ目が任意保険基準となっています。

自賠責基準は、自賠責保険を支払うときに使用される基準で、任意保険基準は任意保険会社が示談交渉を行う場合に使用される基準となっており、弁護士基準は、交通事故弁護士が過去の事例などを元に計算をして、裁判所などで使用される基準です。どの基準で交通事故慰謝料を計算してもらうかによって、相場は大きく変わっていきます。弁護士基準が最も高価になっています。

弁護士基準で交通事故慰謝料は計算

交通事故慰謝料は、保険会社が計算をしてくれて、支払ってくれる示談金と思っている方がとても多いですが、実は交通事故の慰謝料は、賠償金となり、精神的被害に対する支払いとなります。通院費や治療費などではなく、賠償金として支払ってもらうことが出来ます。

保険会社は出来るだけ金額を抑えたいので、詳しい説明をせずに、一緒の項目にしてしまい金額提示を行ってきます。保険会社の言われるままにサインをすると、適正な賠償金を受け取る事が出来ない可能性が高いです。そのような場合には、交通事故弁護士を利用し、弁護士基準で賠償金を計算してもらってください。

交通事故慰謝料は定額化されている

交通事故慰謝料は、損害賠償の一種で、精神的苦痛に対して被害者側が求める事が出来る賠償です。慰謝料の金額は、当事者間での話し合いの上金額が決定しますが、社会通念上から外れているような高額な慰謝料請求を行っても、加害者はもちろん、裁判所も認めてくれません。

交通事故慰謝料の場合には、話し合いがスムーズに進むようにある程度定額化されており、弁護士基準での算出方法が1番高額となっています。弁護士は過去の事例などを元に慰謝料を計算していきますので、加害者側にも受け入れられやすいので、交通事故で慰謝料を請求する場合には弁護士を活用するようにしてください。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について