交通事故で後遺障害の慰謝料は弁護士に相談で大幅アップ

交通事故で後遺障害が残ってしまったら、障害の慰謝料も相手に請求できます。そして、後遺障害の慰謝料として請求できる金額は、障害の認定等級によって大きく変わってきます。
金額は示談交渉で決定していきますが、被害者の方が自分で交渉にあたると相手の保険会社のペースで進められてしまうことが多くなっています。示談交渉で損をしないためには、弁護士のサポートが必須です。
交通事故トラブルが得意な弁護士なら、交通事故で障害が残ってしまったケースでは認定された等級の再申請や不服の申し立てを積極的に行って被害者が少しでも多くの慰謝料を受け取れるように尽力してくれます。