交通事故の損害賠償と交通事故相談方法

交通事故の被害に遭ったが賠償請求の方法が分からないといった相談が多くあります。
事故における加害者が任意保険に入っているときには、加害者の加入している任意保険の保険会社が支払いをするケースが多いです。この場合、被害者が損害賠償を請求する相手は加害者側の保険会社となります。

治療にかかる費用や、事故に遭わなければ得ることのできた休業損害金、事故によって被った苦痛に対して支払われる慰謝料などが支払われます。
市町村の役所の窓口や法テラスなど身近な施設で、交通事故相談は可能です。また、交通事故紛争処理センターなどを利用する方法もあります。

むちうち慰謝料相場の正当な金額を受け取る方法

事故が起こったときの慰謝料の問題では、意外にも被害者の方が不利になってしまう場合が多いとされています。その理由として、3種類の慰謝料に関する算定基準が設けられていることや、その金額が相応の額かどうかの判断が一般人には難しいことが挙げられます。

そのため、自分に合った正当な慰謝料を請求するためにも、交通事故弁護士は必要不可欠な存在だと言っても過言ではありません。特に、むちうち事故の場合は、症状の重さや通院期間、後遺障害の等級によって、むちうち慰謝料相場よりも高い金額を請求することが可能なこともあり、保険会社が提示する示談金額に納得がいかない場合などは適切なところに相談することが大切です。

むちうち慰謝料相場より低い額を提示されたら

むちうちは、首へ強い負荷がかかったことにより、しびれや頭痛などを引き起こす症状です。スポーツなどでむちうちになることもありますが、追突事故など交通事故が原因の場合も多いです。むちうちは見た目には症状がわかりにくいので、事故直後に病院へかかり、診断書など客観的事実が証明できるものを用意しておくことが重要となります。

数日経ってから発症したり、後遺症が残ってしまった場合に、こうした証拠があると無いとでは慰謝料額も変わってきます。むちうち慰謝料相場より低い額を提示されて納得がいかない場合には、交通事故弁護士に相談しましょう。

交通事故相談ができる場所

皆さん交通事故相談はどこにしたらいいか知っていますか。家族、友人、知人、弁護士、保険会社などさまざまな選択肢がありますが、交通事故にあったらまずは警察に連絡しましょう。そしてその後保険会社に報告することが一般的です。

その保険会社さんこそが交通事故相談に適していると思います。過去の事例からの慰謝料の相場や、紛争回避など、また弁護士特約を付けていれば、弁護士目線で見て頂いての相談もできます。交通事故に関してのスペシャリストですから、安心して相談することができるでしょう。保険料を支払われているのですから、存分に力になってくれるはずです。

交通事故相談の慰謝料相場

バイク交通事故相談で最も多い慰謝料の相場ですが、事例として最初に提示される金額で最も多いのが30万から60万円が相場のようです。ただし請求までには長い道程があります。まず入院した場合手術、入院費用の請求があります。

事故により壊れた車両等の物損被害請求、当時着ていた服、靴、小物類なども細かく算出し、また目に見えない様々な費用など保険会社が求める方法で書類提出、金額を算出しなければなりません。被害者が会社員などで休業しなくてはならない場合、休業保障などの書類も傷も癒えないうちに警察、病院などから揃える必要があるのです。そしてケガが医者から症状固定と言われない限り慰謝料の請求はできません。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について