交通事故弁護士

交通事故に遭い、けがの後遺症の程度によっては後遺障害として認定されるケースがあります。
後遺障害に認定されると、通常の入院・通院の治療分とは別に後遺障害が残ってしまったことに対する慰謝料も加害者から支払ってもらうことができます。この後遺障害分の慰謝料については、認定される後遺障害等級によって変わってきます。

後遺障害として認定されるには申請が必要で、申請方法は加害者の保険会社が行う事前認定と被害者が自分で行う被害者請求とふたつの方法があります。交通事故弁護士は後遺障害等級の被害者請求もサポートしていますので、早めに相談すると安心です。

むちうち慰謝料相場は計算基準で大きく変わる

むちうち慰謝料相場は、どの計算方法を採用するかによって、相場が大きく変わってきます。交通事故は3種類の計算方法があって、1つ目は自賠責基準、2つ目は弁護士基準、3つ目が任意保険基準となっています。

保険を支払うときに使用される基準が自賠責基準で、示談交渉をするときに保険会社が使用する基準が任意保険基準です。交通事故弁護士に示談交渉を依頼すると、使用するのが弁護士基準です。弁護士基準は過去の事例などを元に計算されているので、最も相場が高くなっています。計算する基準によって、相場は倍以上変わってくるケースもあります。

交通事故慰謝料を請求したいなら

交通事故慰謝料を請求するのに、個人で全てをしようとするのは容易ではありません。煩雑な手続きが多く慣れていないと大変なので、専門家である交通事故弁護士に依頼すると楽です。事例によって慰謝料の金額は変わりますので、個々に相談することが大切です。

弁護士は、弁護士基準で慰謝料を計算します。保険会社の金額より増額されることが多いです。弁護士に相談するのは、ためらわれるかもしれません。けれども私達の生活は、全て法律で説明できるものです。専門家は法律に精通し、分かりやすく説明してくれます。分かるまで説明してくれる誠実さ、料金体系が明朗なことを、弁護士を選ぶ基準にすると良いでしょう。

交通事故慰謝料の相談をするなら

交通事故では、思わぬ被害に遭うことがあります。被害で多いむちうち症、治療が困難な後遺障害に陥ることもあります。そのような場合には、交通事故慰謝料として請求する方法もあります。相談は、交通事故弁護士にします。

保険会社と違う弁護士基準で慰謝料が計算されるので、増額されることがほとんどです。弁護士事務所の中には、相談料、着手金が無料の場合もあるので、うまく利用すると良いでしょう。慰謝料の相場は、ケースごとに異なります。具体的な金額は、個別に相談すると良いでしょう。相談後、見積もりを出してもらいます。事例ごとに見積もりを見てから、依頼するかを決めることができます。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について