交通事故弁護士

交通事故に遭い、けがの後遺症の程度によっては後遺障害として認定されるケースがあります。
後遺障害に認定されると、通常の入院・通院の治療分とは別に後遺障害が残ってしまったことに対する慰謝料も加害者から支払ってもらうことができます。この後遺障害分の慰謝料については、認定される後遺障害等級によって変わってきます。
後遺障害として認定されるには申請が必要で、申請方法は加害者の保険会社が行う事前認定と被害者が自分で行う被害者請求とふたつの方法があります。交通事故弁護士は後遺障害等級の被害者請求もサポートしていますので、早めに相談すると安心です。