交通事故慰謝料の妥当な金額とは

交通事故慰謝料の交渉は民事の世界になりますから、当事者同士で決めることになります。請求先が任意保険会社である場合、任意保険会社は極力支払額を低く抑えようとします。それが仕事なわけですから、あまり気にせず、話をしても無駄だとすぐ割り切ることです。妥当な金額の慰謝料を得るには、素人の被害者が個人で何を言っても無駄です。

弁護士に交渉を依頼しましょう。怪我がごく軽く、後遺症の心配もないとはっきりわかっている場合は、低い金額で早々に決着を図ってもいいかもしれません。しかし、重症で後遺症が残る場合は、正当な額を得るべきです。

交通事故慰謝料は弁護士が有利

交通事故慰謝料の交渉を行う場合の保険会社は、示談金を低くしたいので、相場を教えてくれません。交渉になれていない一般の方は、保険会社の提示した金額を引き上げるのはとても難しく、交渉の席にすらついてくれないことがほとんどです。そこで弁護士が活躍をします。

保険会社は弁護士が交渉相手だと、要求を受け入れやすいです。それは、過去の事例などで交通事故慰謝料の相場を知っているからです。相場よりも明らかに低い場合には、簡単に提示金額を引き上げる事が出来ます。交通事故の慰謝料では弁護士が圧倒的に有利になっています。

計算がいろいろある交通事故慰謝料

交通事故に遭遇した場合には、どれくらいの慰謝料がもらえるのかが、一番被害者にとっては重要となります。慰謝料は、交通事故が原因でむちうちや骨折などの怪我をしてしまい、通院や入院をすることになったことで精神的苦痛に対して支払われる慰謝料ですが、計算方法が3つあります。

自賠責基準は最低限の保証をしてもらえます。任意保険基準は任意保険会社が独自に定めている計算方法です。弁護士基準は過去の事例などを元に計算する方法で、最も高額になるとされています。どの計算方法で計算していくかによって、交通事故慰謝料の金額は大きく異なります。

交通事故慰謝料は弁護士基準がおすすめ

交通事故に巻き込まれると、慰謝料がどれくらい保証されるのかが被害者が一番気になるポイントとなります。慰謝料は、交通事故によって、怪我をしてしまい、通院や治療などが必要となった場合の、精神的苦痛に対して支払う金額となります。

この慰謝料は、計算方法が3つあり、最も高額なのが弁護士基準となっています。弁護士基準で計算してもらうには、交通事故に遭ったら、保険会社が提示してくる金額にサインをする前に、弁護士に相談をしてください。サイン後であれば、弁護士が上手く行動をすることが出来ない可能性がありますので、サイン前に相談をしてください。弁護士が交通事故慰謝料を引き上げてくれます。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について