交通事故慰謝料の妥当な金額とは

交通事故慰謝料の交渉は民事の世界になりますから、当事者同士で決めることになります。請求先が任意保険会社である場合、任意保険会社は極力支払額を低く抑えようとします。それが仕事なわけですから、あまり気にせず、話をしても無駄だとすぐ割り切ることです。妥当な金額の慰謝料を得るには、素人の被害者が個人で何を言っても無駄です。

弁護士に交渉を依頼しましょう。怪我がごく軽く、後遺症の心配もないとはっきりわかっている場合は、低い金額で早々に決着を図ってもいいかもしれません。しかし、重症で後遺症が残る場合は、正当な額を得るべきです。