交通事故慰謝料の支払いがなされるか

交通事故慰謝料の額が、双方の合意のもとに決着したとして、果たして確実に支払いがなされるか、という問題があります。相手が任意保険会社である場合は、その心配はありません。相当険悪な関係になっていたとしても、示談文書に記載された額の慰謝料は必ず支払われます。示談文書を作成して署名しながら支払わない、などということをしても、社会的な評価を落とすだけで、なんのメリットもないからです。

しかし、相手が個人の場合、例え裁判で判決が確定したとしても、支払う気のない相手に支払わせる方法は、実質的には残念ながらありません。そういった点も、裁判前に弁護士と相談しておくのがよいでしょう。

交通事故慰謝料は計算方法が異なる

交通事故に遭った場合、慰謝料がいくらもらえるのかが、被害者にとっては重要なポイントとなります。交通事故によって、怪我をしてしまい、むちうちや骨折などで、入院や通院をしなくてはいけなくなった場合の精神的苦痛に対して支払われる慰謝料ですが、計算方法が3つあります。

最低限の保証をしてくれる自賠責基準、任意保険会社が定めている任意保険基準、過去の事例などを元に計算していく弁護士基準となっています。

どの計算方法で交通事故慰謝料を計算するかによって、支払われる総額に大きな差が生まれてきますので、一番高いとされている弁護士基準で計算するようにしてください。

関連

交通事故慰謝料と弁護士基準と裁判

保険会社と被害者の間で交通事故慰謝料を巡って訴訟になってしまうようなことがあるのでしょうか?こちらは実際には事例があり、判定はごぶごぶといったイメージですね。もし訴訟になってしまった場合には代理で弁護士さんを立てる必要があるのですが、訴訟をしなければならないような事態になる前にできれば弁護士さんに依頼した方がいいです。

弁護士には弁護士基準という特別な基準を保険会社も使用してきます。なぜこちらで最初から高い金額を提示するのかといいますと保険会社としてもやはり裁判までなってしまうのは避けたいからです。(時間もお金もかかる)

交通事故慰謝料を請求する際に弁護士が入るのを嫌がる訳

交通事故慰謝料の請求をした際にこちらが提示した示談金よりも低い価格を提示されることの方がいいのですがその場合には弁護士に依頼することによってこちらにも有利な交渉をしてもらうことができます。

しかし弁護士に依頼しようとすると保険会社さんから「弁護士さんを間に挟んでも金額が変わることがない」といった内容を言われることがあるかもしれません。なぜそういったことを言われるのかと言いますと保険会社としては弁護士基準を使用することができる弁護士に間に入られると保険会社が出したい金額よりもかなり高い金額を提示しなければならなくなるためです。

交通事故慰謝料の基準と内容

交通事故慰謝料相場には、自賠責、任意保険、弁護士という3つの基準があります。どれを適用するかで同じ事例でも請求できる慰謝料額は変わってきて、中でも弁護士基準はより高額な慰謝料を請求できます。また、慰謝料というと入通院慰謝料を想像する方も多いと思いますが、その他にも後遺障害を発症した際に請求できる後遺障害慰謝料や、事故に遭った方が亡くなったときに遺族が請求できる死亡慰謝料があります。

入通院慰謝料は、文字通り入院もしくは通院の日数で金額がきまります。後遺障害慰謝料は、後遺障害等級が認定されたものに対して支払われます。死亡慰謝料は、交通事故により亡くなってしまった本人とその遺族に対して支払われます。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について