交通事故慰謝料は相談しだいで大きく変わる

交通事故に遭ったときに、相手の対応が不誠実である場合が結構あります。こちらが怪我をしていることをいいことに逃げてしまったり、話し合いに応じなかったりする人です。そういう人は任意保険にすら入っていない場合もあります。

そこで、加害者がいい加減な対応をする場合は弁護士に相談し、任せたほうが得策です。ただでさえも怪我で痛くて苦しいのに、不誠実な人間の相手までしていると、気持ちが落ち込み、体が治らなくなります。

一方弁護士は交渉のプロです。どんな相手でも関係なく、しっかりと被害者に代わって慰謝料を請求してくれます。交通事故慰謝料は相手の不誠実な態度によって金額が高くなることを相手がわかるような状態で交渉してくれるので、加害者も逃げられなくなるからです。

交通事故慰謝料をもらうまで

弁護士に依頼をして、弁護士基準に基づいて交通事故慰謝料を請求してから実際に受け取るまでどれくらいの期間がかかるのでしょうか?請求を始めてからあまり長い期間かかってしまいますとその間にも治療費用が出ていく場合には生活にも大きな影響が出てしまいますよね。

診断書が出て、正式に保険会社に請求を始めてから振り込みが完了するまでは早い人であれば1.5か月ほどで全ての手続きが完了するようです。長い人でも3か月あれば大体は振り込みまで終わって、弁護士さんへの支払いも完了するようです。弁護士さんに依頼するのが早ければ早いほど当然振り込みも早くなりますので早めの手続きがポイントです。

交通事故慰謝料を自分で示談する

交通事故慰謝料請求を自分で示談する際に、弁護士基準を自力で使用したいという場合には一体どうすればいいのでしょうか?また使用することができるのでしょうか?自分で弁護士基準を利用して示談することができない訳ではありませんが、かなりデメリットを伴うため推奨はされていません。

また相手は交通事故について知識があるのかないのかを見ているのではなくて、弁護士さんがそうではないかを重点においているのです。また自力で裁判を起こすこともできるのですがその場合には平日の昼間に自ら裁判所へ出向いて進めていかなければならないので現実的ではありません。

紛争センターを利用して交通事故慰謝料を請求

交通事故慰謝料を請求する際に弁護士基準を使用するといいということをよく聞くのですが、しかしそれでも弁護士に依頼するのは金額的に厳しいという人も多いと思います。そういった人は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?

そういった際に自力で示談交渉をするのに便利なのが紛争センターを呼ばれるものです。こちらに所属している弁護士さんが間に入って示談金の調整をしてくれます。こちらを利用して請求をかけた場合には弁護士基準の8割から9割は得ることができると言われています。ただしこちらに所属している弁護士さんはあくまで中立ということを忘れないでください。

交通事故慰謝料の基準

交通事故の被害を受けて、交通事故慰謝料はどのくらい貰えるのか、いつ貰えるのか気になりますよね。交通事故慰謝料の相場は3つの基準があります。1つ目は自賠責基準です。これは自動車事故に備えて法律で定められている強制加入保険です。

最低限の保証をするために設けられているため、最も低い金額です。2つ目は任意保険基準です。これは、保険会社によって設定されているため、自賠責基準よりは高い金額ですが様々です。3つ目は弁護士基準です。裁判所の過去の事例をもとに算出された基準の事をいいます。他の2つよりはるかに高い金額が積極的にされており、弁護士に依頼することで最も高い基準で慰謝料を請求できます。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について