交通事故慰謝料相談のタイミングは?

いくら注意していても、不幸にも交通事故に巻き込まれてしまうことはままあります。では、交通事故慰謝料を弁護士などの専門家に相談するタイミングはいつがよいのでしょうか。
通常は加害者と直接やり取りするわけではなく、保険会社の担当者と交渉するケースが多いと思いますが、プロを相手にすることになるため、やはり素人では太刀打ちできません。

事故直後などはそれなりに怪我をしていることや、冷静な判断が難しい場合もありますので、示談交渉の時までには依頼しておくべきです。
交通事故を得意とする事務所もありますので、無料相談などを利用して信頼のおける弁護士に依頼しましょう。

客観的証拠は交通事故慰謝料交渉の場でも有効

被害者と加害者、どちらであっても交通事故後に適切な行動が取れるかが、迅速に解決できるかの鍵となります。事故直後は気が動転してしまい、悪気がなくても事実を捻じ曲げて解釈してしまうことがあります。

客観的に事実を判断できる写真や動画があれば、後々交通事故慰謝料交渉の場でも有利に働きますので、もしものときに備えてドライブレコーダーを設置しておくことをおすすめします。また、こちらに明らかな過失がある場合はともかく、その場では判断が付かない場合、相手と1対1でやり取りをするのを避け、警察官や保険会社など第三者を交えて話した方が良いでしょう。当事者間で話がこじれて、裁判に発展してしまった事例もあります。

関連

専門家に相談して交通事故慰謝料はアップする

交通事故に遭ってしまい、これからの生活に大きな不安を抱えている人にとって、支払われる慰謝料の額は大変重要です。ただ、保険会社の提示額というのは事故で負った身体的、精神的、経済的苦痛に見合わないことが多いです。

そんなときは、弁護士などの法律の専門家に相談するのがおすすめです。法律上の手続きや交渉はもちろん、裁判になっても安心です。専門家といっても、交通事故慰謝料 事例を多く経験した、実績のある弁護士に相談することが大切です。示談金の交渉でも力を発揮し、傷害に見あった額を受け取ることができるでしょう。

交通事故慰謝料の種類と貰い方

交通事故慰謝料には、入通院や後遺障害に関する慰謝料と、被害者が亡くなってしまった場合の死亡慰謝料があります。入通院慰謝料は入院や通院の日数によって計算されるので、きちんと病院に通院することが大前提です。

後遺障害については、障害の程度によって等級が定められています。死亡慰謝料は亡くなった人の立場によって金額が決まります。慰謝料には3種類の基準があり、どの基準を適用するかによって受け取れる金額が大きく変わることも珍しくありません。場合によっては自賠責保険基準の倍以上もらえた事例もあるので、交通事故で怪我をして仕事に差し支えが出たり、困ったら弁護士に相談するといいでしょう。

いろんな人を巻き込む交通事故慰謝料

交通事故を起こして怪我をさせた、または死亡につながった、という事例は少なくありません。信号待ちで後ろからごくわずかにぶつけられただけでも、不意を突く状態のため、むち打ちの症状が意外に尾を引いたりするものです。

交通事故による後遺症で、交通事故慰謝料が発生することもあり、身体の状態によってはそれが長引くことがあります。事故を起こした人に支払い能力がないと、その家族にも関わってきます。また、後遺症が残り、仕事ができなくなるケースもあります。交通事故慰謝料は掛けている損保会社からおりますが、いろんな人を巻き込む交通事故は日頃から気をつけて、起こさないに限ります。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について