交通事故慰謝料

交通事故に遭って怪我を負うと病院で治療を受けることになるのですが、治療の結果によって生じる交通事故慰謝料は異なってきます。
治療の結果完治した場合は、完治するまでにかかった入院期間や通院日数に応じて入通院慰謝料が発生します。

治療の結果完治せずに後遺症が残った場合は、残った後遺症の症状に応じて等級が認定されるのですが、被害者がその手続きを行うのは難しいので交通事故の後遺障害の等級の認定の取得する手続きに実績がある弁護士に手続きを代行してもらう依頼をすることによって精神的にも物理的にも負担が軽減されます。

加害者が無保険の場合の交通事故相談

交通事故相談の中でも加害者側が無保険の場合、治療費や慰謝料が支払われるのか、心配になるのではないでしょうか。被害者が安心して治療に専念するためには、事例を知っておくことが必要です。

まずは無保険と言っても、任意保険が未加入で自賠責保険には加入している場合と、任意保険も自賠責保険も未加入の場合があります。加害者が自賠責保険には加入している場合は、しっかりと支払ってもらうことができます。比較的軽傷である場合は、治療費と慰謝料などにかかる費用が自賠責保険の範囲内であることが多いので、同じような事例なら泣き寝入りをする必要はありません。

関連

自賠責保険基準で支払われる交通事故慰謝料

交通事故慰謝料といっても、同じ症状であっても実は基準によって支払われる金額が変わります。特に自賠責保険基準設定されている交通事故慰謝料に関しては、法廷での判決を基準にした弁護士基準よりも低く、金額は大きく異なります。

この事実だけでも知っていれば、交通事故の慰謝料交渉の際に、有利に持っていくことも可能でしょう。しかしながら、多くの人がこの基準の違いや慰謝料の相場を知らないことで、そのまま対応をおこなってしまい損してしまっています。専門家や法律家に交通事故相談をするだけで、事態は少しでも変わってくることでしょう。

弁護士基準で交通事故慰謝料を計算する

交通事故の被害に遭った場合、どれくらいの慰謝料が保証してくれるのかが被害者にとって重要なポイントとなります。慰謝料は、交通事故に巻き込まれたことによって、怪我をして通院や治療などが必要になってしまったことで精神的苦痛に対し、支払う金額となっています。計算方法が3つあって、弁護士基準が一番高額になるとされています。

弁護士基準で慰謝料を計算したい場合には、保険会社が提示した金額に、サインをせずにすぐに、弁護士に交通事故相談を行います。サインしてしまうと、弁護士も行動を取りにくくなってしまうので、サイン前に相談をして、交通事故慰謝料を引き上げてもらうようにしてください。

自動車保険を適用しての交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の事例として自動車保険を適用しての慰謝料支払いが発生することがあります。最近は自動車保険に入っていない人が交通事故に関わっている場面があり、慰謝料を請求しても支払いが出来ないという事があるようです。

そのため、自動車保険には必ず入ってもらって未然に防ぐようにと言われておりますが、自動車保険料が支払い出来ないと慰謝料を請求された場合に対応する事が出来なくなってしまいます。自動車保険に入って、しっかり保険料を支払い、義務を果たして頂く事が大切です。交通事故は防ぎ切れないこともあります。そうした時に対応する事が自動車保険の最たるものです。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について