交通事故慰謝料

交通事故の慰謝料を計算する基準は、自賠責基準・任意保険基準・弁護士会基準と3つあってどの基準を使って計算するかで金額は大分変わってしまいます。一番安く計算されるのは自賠責基準で、高いのは弁護士会の基準です。

被害者が加害者の保険会社と行う示談交渉では保険会社から慰謝料の額を提示されますが、この金額は安い自賠責基準で計算されていることがあるので要注意です。被害者はその額を見極めて、少なければ正当な額で交渉しないと損をしてしまいます。
しかし、知識がないと相手の保険会社から提示された内容を見極めるのは難しいので、交通事故弁護士に相談するのが一番です。

どうしても知りたいむちうち慰謝料相場について

交通事故での怪我で最小の症状として、むちうちなどがあるかと思います。血が出ない事はもちろんで、その場では腫れたりもしていない限りは、大した症状ではないと考える人が多いでしょう。しかしながら、むちうちのなかでも重症化してしまうようなケースもあり、後遺症に悩んでいるような事例もあります。

そうした際には、交通事故慰謝料はしっかりと受け取っておく必要があります。わかりにくいむちうち慰謝料相場ではありますが、当然の権利として受け取るべきでしょう。交通事故弁護士であれば、そのようなむちうち慰謝料相場についても、しっかりと教えてくださいますので、有利に交渉を進めることも可能になるでしょう。

定額化されている交通事故慰謝料

損害賠償の一種である交通事故慰謝料は、精神的苦痛の対価として被害者側に支払われる金額となっています。慰謝料の金額は、基本的に当事者間で決定をしていきますが、社会通念上から大きく逸脱するような金額を慰謝料請求したとしても、加害者や裁判所が認めてくれません。

交通事故慰謝料の場合、スムーズに話し合いが進むように、ある程度定額化されていて、弁護士基準が最も高額となっています。過去の事例などを参考に慰謝料を計算していく弁護士は、相手方とも直接交渉を行ってくれるので、要求が受け入れられやすくなっています。慰謝料の交渉は弁護士を利用してください。

交通事故慰謝料はスムーズに進むように設定されている

損害賠償として交通事故慰謝料を請求することが出来ます。内容は精神的苦痛に対して保証する金額です。精神的苦痛は表面的には分かりませんので、基本的には当事者間の話し合いで金額を決めていきますが、社会通念上からかけ離れた金額を請求しても、加害者や裁判所が認めてくれませんので話しが上手くまとまらない可能性があります。

交通事故慰謝料の場合には、ある程度定額化することで、話しがスムーズにまとまるように設定されています。最も高額なのが、弁護士基準で、過去の事例などを元に慰謝料を算出していきます。弁護士は、加害者側と直接交渉なども行ってくれるのでとても便利です。

示談金と交通事故慰謝料は異なる

示談金と交通事故慰謝料は全く異なります。示談金は、治療費や通院費などに対して支払う金額ですが、慰謝料は精神的被害に対して支払う金額となっています。しかし保険会社は出来るだけ費用を抑えようとするので、詳しい説明をせずに、同じ項目として金額を提示してきます。

言われたままサインをしてしまうと、しっかりと治療をすることが出来ない金額しか受け取ることが出来なくなってしまうこともありますので、事故に遭った場合には、弁護士に相談をして、弁護士基準で慰謝料を計算してもらってください。保険会社の提示金額よりも高くすることが出来ます。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について