交通事故慰謝料

交通事故の慰謝料を計算する基準は、自賠責基準・任意保険基準・弁護士会基準と3つあってどの基準を使って計算するかで金額は大分変わってしまいます。一番安く計算されるのは自賠責基準で、高いのは弁護士会の基準です。
被害者が加害者の保険会社と行う示談交渉では保険会社から慰謝料の額を提示されますが、この金額は安い自賠責基準で計算されていることがあるので要注意です。被害者はその額を見極めて、少なければ正当な額で交渉しないと損をしてしまいます。
しかし、知識がないと相手の保険会社から提示された内容を見極めるのは難しいので、交通事故弁護士に相談するのが一番です。