交通事故相談の基本は弁護士にすること

交通事故をもらってしまった場合、被害状況によっては、相手に慰謝料を請求せざるを得ないケースが発生します。そういった場合に、頼りになるのが弁護士です。交通事故相談の基本は弁護士と考えても良いことです。交通事故は、当事者同士で揉めてしまうことが多いのです。そういった時に出番となるのが、法律なのです。

その法律に精通している弁護士に間に入ってもらうことは、解決のために重要なことです。慰謝料の金額をきちんと計算してくれるので、相手も納得をせざるを得ない、金額となるのです。交通事故相談は弁護士にしましょう。

交通事故相談が必要な理由について

交通事故に遭遇した場合、被害者側はどうなるのでしょうか。まず、事例では加害者側の任意保険会社から連絡がくるようになっています。そのときに、入通院の費用や損害があった物品などの補償をしてもらえます。

また、被害の過失割合の説明などがなされます。そして、怪我が治ったら示談を勧められて、慰謝料が提示されます。しかし、その金額がどのように決められているのかを理解していないと、保険会社の言う通りに動いてしまうことになるので、注意が必要です。不安な場合は、交通事故相談センターなどの機関に無料相談をしてみましょう。慰謝料の算定で失敗をしないためにも、法律の専門家に相談して納得のいく金額を請求しましょう。

関連

むちうち慰謝料相場よりも多い額を受け取りたい

DMK136という言葉を聞いたことがありますか。これは任意保険会社が提示する、交通事故で被った怪我の治療目安、及び慰謝料額の目安のことです。Dの打撲は1ヶ月、Mのむちうちは3ヶ月、Kの骨折は6ヶ月を目処に回復するだろう、つまりその期間までの入通院費で十分だという考えで慰謝料を計算します。

しかし、実際のところ怪我の回復は目安通りにいかないこともあるでしょう。症状や治療状況に応じて、打撲やむちうち慰謝料相場よりも多い慰謝料を受け取りたいと考えるなら、交通事故弁護士に相談することをおすすめします。慰謝料の算定基準は大きく分けて3つありますが、その中でも1番高いものが弁護士基準という算定方法です。

むちうち慰謝料相場はどうなっているのか?

損害保険会社の業界用語として、「DMK136」があります。Dは打撲・Mはむちうち・Kは骨折を意味し、それぞれ1か月、3か月、6か月で治療を打ち切るということです。つまり、むちうち慰謝料相場は3か月ということになります。

これは、各保険会社には膨大な統計データがあり、むちうちの場合は平均的な通院期間が3か月であるためです。でも、むちうち症状の出方は事故の程度や体質によって様々ですので、3か月以上の治療期間がかかることも多いです。こんな場合を先に見越して、人身事故の場合は、交通事故弁護士に相談するのも有効です。保険会社より高額な通院慰謝料が請求可能です。

交通事故相談は弁護士がおすすめ!

あなたがもし交通事故に遭ってしまった場合、どのようなことをしなければならないでしょうか?またどんなことに気をつけなければならないと思いますか?万が一、自分も車に乗って走行をしているときにぶつけられたとしたら過失割合が10対0にならない可能性もあります。

最悪の場合言いくるめられて半分ずつになってしまうこともあります。そのようなことにならないために弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することによって、様々な事例から的確なアドバイスをしてもらえ、慰謝料の相場に必要な過失割合を確保してくれます。知識がない一般の方には不利になってしまうことがありますので、交通事故相談は弁護士にしましょう。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について