慰謝料・死亡慰謝料は交通事故慰謝料弁護士のサポートで安心

交通事故の被害者は、身体面や持ち物に加えて精神的にも大きなダメージを受けます。交通事故の被害者は加害者に対して損害分の金額を賠償請求できますが、賠償請求できる項目の中に精神的に受けた苦痛に対する賠償金も含まれています。この、精神面の苦痛に対する賠償金が慰謝料です。

死亡事故であった場合には、亡くなった本人が受けた苦痛と残された遺族の心の痛手の双方に対して死亡慰謝料を請求することができます。
ここで慰謝料については定額化のために自賠責・任意保険・弁護士と3つの基準があり、基準によって算出される賠償金額に大きな違いがあります。

加害者サイドの保険会社は賠償額を抑えるために安い基準で計算した死亡慰謝料を提示しますが、安易に応じずに交通事故慰謝料が得意な弁護士にサポートしてもらえば正当な額で交渉できます。

交通事故慰謝料請求を弁護士に依頼したら

交通事故慰謝料請求を自分で行うのではなく、弁護士に依頼した場合どういった流れで処理や手続きは進んでいくのでしょうか?もし弁護士に請求を依頼してしまったら最初2回くらい打ち合わせするだけで後は全ての処理を弁護士さんの方で担当してもらうことができます。

保険会社とのやり取りも、もし加害者との交渉が必要な場合にも代理で行ってくれます。保険会社さんとやり取りをする際には弁護士基準が適用され、怪我の割合にもよりますが、自分が思っている金額よりも低い金額で話が進んでいくことがほとんどありません。そのために弁護士さんに依頼しています。

関連

交通事故慰謝料の基準の種類

交通事故慰謝料にはいくつかの基準が存在することをご存じでしょうか?まずは自賠責基準と呼ばれるものです。これは自賠責保険から支払われることになる保険金です。任意保険基準は任意保険会社が、被害者と示談交渉をする際に使用する基準のことです。最後は弁護士による基準です。

これは弁護士が示談交渉をするときや、裁判をする場合に使う基準です。金額的に高い順に並べると、弁護士基準、任意保険基準、自賠責基準になります。簡単に見ただけでも請求をするのであれば、自賠責基準を使用するよりも弁護士基準を使用した方がいいというのがわかります。

交通事故慰謝料、請求する前に

交通事故慰謝料を保険会社や相手に請求しようと思っているのでしたら、まずは自分でもある程度勉強しておかなければなりません。まずは弁護士基準と呼ばれる価格の計算方法があることを知っておきましょう。これを知らずに保険会社から最初に提示された金額が全てなのだなと思ってしまってはかなり損をしてしまいます。これを知っているのと知らないのでは金額に実に50万円ほどの差がでることもあります。しっかり勉強をして自分の将来に関わることですので損をしないように手続きを進めましょう。市や県が運営している相談所などに通ってみるのもいいですね。

交通事故慰謝料3ヶ月6ヶ月の違い

交通事故慰謝料のケガの事例は、ケガの痛みや治療による苦痛を、金額に換算して補償するものなどです。交通事故で負うケガの部位や程度、治療にかかる期間は個人亊で大きく異なります。経過日数3ヶ月では通常のケガおよそ73万円、むちうち約53万円です。

6ヶ月ではおよそ116万円、むちうち約89万円になります。ところでケガをしても仕事に行かないといけない場合もあります。通院を途中で辞めて、また再開した場合では通院期間はどうなるでしょうか?通院頻度が定まらない場合、または通院頻が少ない場合には、慰謝料が減額されてしまうケースもあります。つまり、適切に通院しなければ同じケガでも金額は変わってきてしまいます。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について