慰謝料・死亡慰謝料は交通事故慰謝料弁護士のサポートで安心

交通事故の被害者は、身体面や持ち物に加えて精神的にも大きなダメージを受けます。交通事故の被害者は加害者に対して損害分の金額を賠償請求できますが、賠償請求できる項目の中に精神的に受けた苦痛に対する賠償金も含まれています。この、精神面の苦痛に対する賠償金が慰謝料です。
死亡事故であった場合には、亡くなった本人が受けた苦痛と残された遺族の心の痛手の双方に対して死亡慰謝料を請求することができます。
ここで慰謝料については定額化のために自賠責・任意保険・弁護士と3つの基準があり、基準によって算出される賠償金額に大きな違いがあります。加害者サイドの保険会社は賠償額を抑えるために安い基準で計算した死亡慰謝料を提示しますが、安易に応じずに交通事故慰謝料が得意な弁護士にサポートしてもらえば正当な額で交渉できます。