被害者が死亡したときの交通事故慰謝料

被害者は、加害者に対して不法行為に基づく損害賠償を請求できます。この損害賠償は、被害を受けた分を金銭で填補するものです。そして、それに加えて被害に遭ったことに対する精神的な損害を担保する、慰謝料も請求できます。両者を合わせて損害賠償と言う場合もあります。

この損害賠償や交通事故慰謝料は、被害者が死亡すると遺族に相続されます。この内慰謝料は、個人的な精神的な被害を担保する目的のものであるため、相続するかしないかは本人次第であり、相続しないとの考えもありました。しかし、判例では、被害者が請求しないことを明確に表示していない限り、遺族が相続するとしています。

交通事故慰謝料って年齢によっても違うの?

交通事故慰謝料ですが、こちらは年齢によっても金額が異なってくるのでしょうか?過去の事例を見てみても、やはり年齢によって異なっているというのはあります。例えば10歳の子供と、75歳の高齢者では今度の人生に大きな差があります。

10歳の子供はこれから学校に行って、社会に行って働いて、給与をもらうのです。その本来もらえるはずの給与が事故による怪我が原因でもらうことができないということになればやはりその分慰謝料も上乗せされることになります。社会人の事故になると自分の普段の給与などが大きく関わってくることになります。

交通事故慰謝料を請求する際に知っておいた方がいいこと

交通事故慰謝料を請求する際に知っておいた方がいい単語や事案はあるのでしょうか?まず代表的なものとしては「弁護士基準」です。こちらはよく耳にする単語かもしれませんが一体どういった意味を持っているのか気になりませんか?

こちらは今までの事故の事例に従って慰謝料の請求をするというもので、今までの事案に基づいて金額が提示されるため通常よりも安い金額が提示されるというのはまずありません。保険会社も弁護士から訴訟などを起こされるのは避けたいと思っているためです。主婦の方などは時給などの換算がしづらいためこういった基準を使用していった方がいいでしょう。

交通事故慰謝料、弁護士を挟む場合とそれ以外の場合

交通事故慰謝料についてですが自分で保険会社に請求するのと弁護士に依頼して請求してもらうのでは一体どれくらいもらうことができる慰謝料に差があるのでしょうか?おおよそでいいので知りたくないですか?もし依頼したとしてもそれ以上の費用が戻ってくるのであれば依頼する価値がありますよね?

大体の人が自分で請求をするよりも倍以上の費用になって戻ってくるようですが、人によっては10倍以上になる事例もあるようです。その事故の程度や、状況にもよって変わってきますが、倍以上、それ以上になってお金が帰ってくるのであれば依頼した方が絶対にお得でしょう。

交通事故慰謝料と未成年について

もし交通事故にあってしまったのが未成年だった場合には一体誰が交通事故慰謝料の請求を行うのでしょうか?この場合には親が代理として請求をかけることになります。両親が亡くなってしまっている場合には事例を確認してみても、家庭裁判所で代理人選出を行う場合が多いようです。

また未成年の場合には症状が固定してからの請求になります。なぜかというともし請求をしてしまってから症状が変わってしまったとしても後からの追加請求ができません。早めに治療費用などをもらっておきたいのはわかりますが、慌てて請求をしてしまうとかえって損をしてしまうことがあります。

関連

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について