追突交通事故によって発生するむちうち慰謝料の相場

停車している際に一方的に追突されると、車が凹む衝撃で自分も体に衝撃を受けます。事故直後は気付かない場合が多いですが、次の日あたりから体に支障を感じるはずです。これがむちうち症と呼ばれるものです。

整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらったり、電機をかけてもらうと楽になります。ひどい場合は痛み止めを飲んだり、しばらくは毎日湿布を貼らなければなりません。仕事をしながらの通院は大変だと思いますが、最低でも週に1度は通院しなければ相手の保険会社から早く示談するよう言われます。週に1度通い、半年ほど通院し続けると、相場でむちうち慰謝料は交通費を含んで数十万円ほどもらえます。

むちうち慰謝料の算定方法

むちうち慰謝料を請求したいケースとして一般的に交通事故で追突など、被害にあい首が痛く病院で診察を受け脛椎捻挫と診断された場合に加害者側(保険会社等)に慰謝料を請求できます。金額は通院日数と職業によって違いがあります。

相場としては一般的に通院日数やかかった費用で計算されますが、長期通院となった場合医師との面談を調査会社は行います。また職業によって慰謝料の他に休職補償も請求出来ます。直接加害者と示談する際には自賠責保険での計算式を参考する事をおすすめします。加害者の誠意はあまり期待しない方が良いです。

関連

あまり知られていないむちうち慰謝料

むち打ち症は主に、自動車の追突や衝突で首が急に伸びすぎたり、曲がりすぎたりするために起きた損傷のことです。医学上の病名では、頚椎捻挫や頸部挫傷、外傷性頚部症候群などの名称で呼ばれています。自覚症状には頭痛や頚部痛、めまいなどがあり、治療期間は長くて3カ月とされますが、事故や症状の程度によって変わってきます。

数カ月から1年以上の間症状に悩まされる人もいます。むちうち慰謝料など交通事故による怪我の慰謝料の相場は治療期間や入院、通院の日数で決まります。治療費や休業損害などにかかったすべての金額の合計によって自賠責基準や任意保険基準、もしくは弁護士基準などに分けられます。

自動車事故でむちうち慰謝料を泣き寝入りしない為に

近年の自動車事故で良く見られるのは、渋滞中にスマホ操作しながら運転をしていて、前の車が停止したことに気付かず追突してしまう事故です。加害者となった場合は、むちうち慰謝料を支払わなければならなくなります。自動車保険に未加入な場合、相手との交渉を行うのは非常に手間が掛かりますし、慰謝料の相場も分からず困ってしまうことでしょう。

任意保険に加入していれば、相手との交渉を任せることが出来るため、安心です。反対に無保険の車に追突されたら、逃げられる可能性が有るのでどんなに急いでいても確実に警察を呼んで事故の届け出をしましょう。その後自分の保険会社に連絡し、相談しましょう。

むちうち慰謝料の相場はいくら

交通事故や、仕事中などの不慮の事故でやむを得ずむちうちになってしまった場合に慰謝料はいくらくらい出るのか気になるでしょう。まずは、保険会社へ連絡をするというのが普通ですが、ほかに慰謝料増額・示談交渉に強い弁護士に相談する方法もあります。

事例別に相場を知ることができ、賠償額を保険会社よりも大幅にもらうことができる場合があります。インターネットを検索するとたくさんの法律事務所で多額のむちうち慰謝料を請求できる有能な弁護士がそろっているところがあります。自分で悩まずにまずは相談してみることから始めましょう。

MUNU

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 交通事故相談費用 交通事故弁護士について 交通事故慰謝料について 交通事故相談について