交通事故慰謝料では入院費も出してもらえる?

よく誤解をしている人がいますが、慰謝料というのは精神的・肉体的な損害に対する金銭賠償のことです。交通事故にあうと加害者に対して治療費や入院費、車の修理代などを出してもらえますが、これは慰謝料とは別に請求するものです。

これらもすべて含めて交通事故慰謝料と呼ぶことがあるので、まぎらわしいですが、正確に言うならそうなります。

交通事故慰謝料とは別で、入院費などのかかった費用はすべて賠償してもらうことができます。被害者にも過失がある場合には、その割合に応じて減額されることには注意です。自分の知識に自信がない人は、弁護士に相談をするのが確実です。

交通事故慰謝料相談で最も多い一時金について

どんなに気をつけていても、避けられない交通事故というのもあります。しかし過失の大小にかかわらず、加害者は被害者に対して怪我の度合いに応じた損害賠償をしなければなりません。また被害者側の精神的苦痛に対しての慰謝料も発生します。
交通事故相談で加害者側、被害者側を問わず最も多いのがこの慰謝料に関する件です。加害者が対人無制限の保険に加入していれば大丈夫なのですが、被害者側としては示談交渉の際に保険会社の言いなりにならぬように事前に準備しておくことが大切です。また、一時金の支払いについても同様に確認しておくと良いでしょう。こちらは示談交渉を終える前に請求が可能です。

交通事故慰謝料請求は弁護士を介して行う方が良い

交通事故被害者が得られる可能性のあるお金には種類があります。

自動車であれば「自賠責保険」で保証される部分と「任意保険」で保証される部分は別です。

自賠責保険で対応できる範囲は非常に限定されていますが、任意保険であれば非常に多くの交通事故慰謝料にまで対応することができるので、実際に必要になるお金や今後必要になるであろうお金についてもしっかりと保証してもらうことができます。

しかし、適切な交通事故慰謝料を獲得する為には弁護士など専門家のサポートが必要不可欠となってくるため、出来る限り評判の良い信頼できる弁護士に問題解決を依頼することが重要です。

起こりやすい交通事故

交通事故はやはり、通勤や通学のラッシュと重なる時間に起こりやすい傾向があります。

朝や夕方には交通量は必然的に増えます。車だけではなく、バイクや自転車、歩行者も増加傾向にあります。また、夜間や天気が良くない時などは視界が悪くなります。

視界が悪いと周囲の安全を確認するのが困難になる事もあります。そのため、視界が悪い時も交通事故が起こりやすい傾向にあります。

そして、仕事や学校が終わって家に帰る時には更に注意が必要です。

交通量が増え、視界も悪くなるので最も事故が起こりやすいと言われています。
安全確認は怠る事なくしっかりと行いましょう。