交通事故慰謝料相談で最も多い一時金について

どんなに気をつけていても、避けられない交通事故というのもあります。しかし過失の大小にかかわらず、加害者は被害者に対して怪我の度合いに応じた損害賠償をしなければなりません。また被害者側の精神的苦痛に対しての慰謝料も発生します。
交通事故相談で加害者側、被害者側を問わず最も多いのがこの慰謝料に関する件です。加害者が対人無制限の保険に加入していれば大丈夫なのですが、被害者側としては示談交渉の際に保険会社の言いなりにならぬように事前に準備しておくことが大切です。また、一時金の支払いについても同様に確認しておくと良いでしょう。こちらは示談交渉を終える前に請求が可能です。